デイサービスで提供する食事を給食業者に委託するメリット・デメリット!

公開日:2022/05/15   最終更新日:2022/05/24

利用者の日中生活をサポートするのがデイサービスの役割です。デイサービスでは施設内で食事をする機会があるので、給食業者への委託か自前調理をすることが必要となります。今回はデイサービスの給食について、業者委託のメリット・デメリットや業者を選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

デイサービスで提供する食事を自前調理するメリット・デメリット

給食業者に委託せず自前調理で給食を提供する場合、利用者との距離が近いことによるメリットや、作業工程におけるデメリットがあります。

■メリット:利用者に合わせた食事内容を提供できる

デイサービスを利用できる方は要介護1以上の方と決められていますが、施設によって利用者の要介護度にばらつきがあるのが実情です。同じ要介護度でも、生活の中でできることに差があるでしょう。

もちろん食事に関しても同様で、食べられるものと食べられないものなど、個人の嚥下機能や身体機能に配慮して提供しなくてはなりません。デイサービス内で給食を自前調理する際は、そうした利用者の個別性に合わせたメニューを考案・提供することが可能です。

また利用者の要介護度が変わったり、体調が悪化して予定されていた食事がとれなくなったりすることもあるでしょう。自前調理であれば急な現場の動きに合わせて臨機応変に対応できるというのもメリットです。

■デメリット:衛生管理に手間がかかる

デイサービスなどの介護施設や病院などの医療施設は、常に感染症のリスクと隣り合わせです。とくに食事の提供に関しては最新の注意を払って準備、配膳、片付けを行う必要があります。自前調理する際は定められた基準に従って調理を行うことになりますが、調理作業と合わせて衛生面の管理を行うのは大変な手間です。

デイサービスで提供する食事を給食業者に委託するメリット・デメリット

自前調理でも提供が可能なデイサービスの給食ですが、給食業者に委託するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

■メリット:給食担当のスタッフを雇わずに済む

デイサービスで給食を自前調理することになると、必ず調理担当のスタッフを雇わなければなりません。近年は介護士の給料が低すぎることが話題となっていますが、デイサービスなど介護施設で働く調理スタッフの給料は比較的安定しています。手当などの待遇がよいケースも多く、調理スタッフを雇うことで介護士を雇うよりも人件費がかかってしまうという場合もあるでしょう。

デイサービスも営業利益をあげることで経営が成り立っているため、少しでも雇うスタッフが減らせるに越したことはありません。給食業者に委託すればデイサービス内で調理を行う必要がなくなるので、経営にもプラスに働くでしょう。

■メリット:味や食事形態が一貫している

決められた味付けはもちろん食事の柔らかさや大きさなど、作業工程が一貫しているため提供される食事もばらつきがありません。自前調理だと人によって匙加減が異なるので、微妙な差が生まれてしまいます。

常に同じ品質の食事が提供できるというのは、デイサービスのスタッフにとってだけでなく利用者や利用者の家族にとっても安心です。

■デメリット:現場の声をすぐにメニューに反映できない

給食業者の中にはデイサービスなど介護施設への給食提供を専門にしているところもあります。事前に食事形態やメニュー内容などを相談して、しっかりと給食に反映してくれるという個別性の高さはとても魅力的です。

しかし一方で、現場の変化に対応するスピード感は自前調理に劣ってしまいます。もちろん要望に合わせてメニューの変更はできるはずですが、パッキングや配達などの関係上、今日や明日の変更というわけにはいかないでしょう。

給食委託会社を選ぶ際にチェックするべきポイント

デイサービスで専門業者に給食を委託する場合、要望への対応力や費用面に気を配った会社選びが重要となります。

■施設に合わせたメニューに対応しているか

給食委託会社の中には、メニューの内容から食事形態まで幅広い要望に細かく対応しているところもあります。細かな打ち合わせを事前に行って施設に合った給食にカスタマイズしてくれるかどうかは、非常に重要なポイントです。

また施設の利用者の要介護度は一定ではなく、時間と共に悪化してしまう場合もあります。施設利用者の状態に合わせて適宜メニューの変更に対応してくれるかどうかもしっかり確認しておきましょう。とくにデイサービスや病院など、介護・医療施設への給食提供に力を入れている業者を探すとよいかもしれません。

■価格と商品の質が見合っているか

給食の量や質がよくても、委託費用があまりに高額ではデイサービスの経営にも影響してしまいます。コストパフォーマンスのよい会社を探して、食事の質にも料金にも妥協しないようにしましょう。

あまりにも安すぎる場合は、栄養バランスやその他のサービスが不足している可能性もあるので、デイサービスという介護を行う場には不向きです。提供したい食事についてしっかりと具体的なイメージを持ち、予算内で対応してくれるかどうかを相談してみるのもよいでしょう。

 

デイサービスで給食を提供する際は、自前調理か給食業者委託という2つの選択肢があります。自前調理ではより現場の声を反映した食事提供が可能となり、委託ではコスト削減や食事の質の担保につながるというメリットがあります。提供したいメニュー内容を叶えてくれたり、利用しやすい価格であったりといった特徴を持つ専門業者を選びましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

給食の方法にはさまざまな選択肢があり、それぞれに魅力があります。この記事では、現地調理とクックチル方式の比較を通じて、最適な食事提供方法を解説します。どちらがより適しているのか、導入すべきな

続きを読む

給食は施設運営において欠かせない要素です。本記事では、給食委託の仕組みやそのメリット、効率性と健康性を両立させるための重要なポイントを解説します。外部委託と直営の違いから給食サービスの選び方

続きを読む

給食における牛乳の提供は、子どもたちの成長に欠かせない栄養と、健康な食習慣を育むための重要な要素です。この記事では、牛乳が給食に取り入れられる理由やその歴史について解説します。栄養面や教育の

続きを読む

給食センターでは、栄養バランスを考えた献立作成から調理・配食まで行っています。調理師や栄養士が主役として、食材選定や料理の腕を活かす一方、パートやアルバイトが助け合いながら下準備や配膳に携わ

続きを読む

給食調理委員は、学校や施設において、栄養バランスや衛生面を考慮して給食を提供する重要な役割を担います。食材の選定や調理法の決定、栄養価の計算など、多岐にわたる業務が求められます。この記事では

続きを読む

社員食堂を導入することで、従業員の満足度向上や生産性の向上が期待できます。社員食堂を導入する際の契約方法は3つ。この記事では、3つの方法とそれぞれの違い、さらに必要な準備について解説します。

続きを読む

給食委託会社を変更する際には慎重な準備が必要です。本記事では、スムーズな切り替えのための注意点を解説します。古い契約の解除手続きや新しい会社の評価基準、生徒や保護者への説明方法など、成功する

続きを読む

2019年10月から消費税は10%に引き上げられました。引き上げと同時に「軽減税率」が導入されています。ところで軽減税率は特定の分野のみが対象です。それ以外は通常の消費税率になります。では給

続きを読む

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む

学校や老人ホーム、病院、企業の社員食堂など、団体生活の場で提供される給食は、栄養補給以外にもコミュニケーションの機会や、食事そのものを味わう楽しみがあります。しかし近年では、人手不足で給食を

続きを読む