日本給食株式会社の口コミや評判

公開日:2022/05/01   最終更新日:2022/05/24

日本給食株式会社
住所:〒132-0021 東京都江戸川区中央1-16-19
TEL:03-3652-6251
営業時間:9:00~17:00(土日・祝日を除く)

日本給食株式会社は、東京都江戸川区にある昭和32年設立の給食委託会社です。顧客第一主義を実践するべく、高品質の給食の提供ときめ細やかなサービスを徹底しています。さらに、食材にもこだわっており、提供する給食には全国から取り寄せた安心・安全の国産食材を使用しています。

安心の国産食材を使った給食

日本給食では、地産地消の推奨と顧客からの要望に合わせて、豊富な国産食材をふんだんに使用しているようです。わかめ、シラスといった乾物から、肉や魚介などの生鮮品、レトルト・缶詰に至るまで、全国から取り寄せたこだわりの食材を取り扱っています。

給食事業に関連するすべてをワンストップで

日本給食は昭和47年に給食受託事業に参入して以来、数多くの自治体、法人、民間企業に給食の提供を行ってきました。そのため、学校をはじめ、保育園、福祉施設、社員食堂などあらゆる施設で、給食業務に関するすべてのジャンルをワンストップで提供することが可能です。

また、顧客のニーズをできるだけ取り入れた受託運営という企業の方針のもと、給食業務の内の一部の業務のみを請け負うなど、ニーズに合わせて柔軟に対応することもできます。

質の高い給食を提供

安心かつ安全で美味しく食べられる質の高い給食は、すべての工程において妥協せず、安心と品質を追求することが求められます。日本給食では、栄養業務、調理業務、食材調達における各分野のプロフェッショナルたちがそれぞれ任務にあたるため、美味しさ・品質・健康のすべてにおいて高クオリティな給食を顧客に提供することが可能です。

また、健康増進と食事の楽しさを感じられるよう、常に喫食者のことを配慮して業務にあたることを心がけています。

衛生・安全にも配慮

日本給食では、運営にあたり衛生・安全・危機管理に関する各種マニュアルを用意し、組織的な裏付けのある安心・安全を確立しています。また、実効性を高めるべく巡回指導を行い、確実な実施となるよう努めているようです。

社内設備が最新!

最新の社内設備を導入し、冷蔵庫、冷凍庫などについては常に温度管理を徹底しています。

食材倉庫

日本給食の食材倉庫は、エレベーターでつながった一階、地下一階に渡り、フォークリフトでの品物の積み込みなどをスムーズに行える大きなスペースを確保しています。

安全な配送を実現

配送用車両は20台(冷凍・冷蔵車)用意しており、ドライブレコーダー・バックモニターなども完備しているため、より安全に給食を配達することが可能です。

人材教育・育成に注力している

日本給食では、人材教育・育成にも力を注いでおり、未経験からスペシャリストへと成長するべく、計画的に研修を実施しています。

人材教育の理念

業務を遂行していくうえで、調理技術の向上はもちろん、サービス業に従事する者として高い資質が求められるようになります。そのため、自己研鑽を各スタッフに促すとともに、会社としても一丸となって教育を惜しむことなく実施し、日々スタッフの育成強化に努めているようです。

能力向上のための取り組み

日本給食では未経験からスペシャリストになるべく、さまざまな研修を計画的に実施しています。まず入社時には社内規定、職務の規範・規律、職務における具体的な内容、顧客へのサービスについて学んでいきます。

また、調理技術研修や衛星研修など給食委託における基盤ともいえる研修を実施し、外部講師による講習会や研修会、実習を通してスタッフ個々の能力向上を図るようです。

委託・運営までの4ステップ

最後に、日本給食に実際に給食委託・運営を依頼する際の流れについてご紹介します。サービス実施までには4つのステップを踏むこととなるため、11つ確認しましょう。

問い合わせ

まずは日本給食の公式ホームページにある「お問い合わせフォーム」より、メールまたは電話にて問い合わせを行いましょう。メールにて問い合わせを行う場合、名前やメールアドレス、住所、電話番号などの必要事項を記入して送信した後、返信が来るのを待ちます。

打ち合わせ

続いて、提案、見学、試食、プレゼンテーションなど、サービスを実施するにあたって入念に打ち合わせを行っていきます。気になることや分からないことなどがある場合には、この時点で相談するなどして、しっかりと疑問を解消しておきましょう。

見積り・契約

打ち合わせが済んだら、サービス利用の際の見積りを算出してもらいます。また、並行して事前準備などを進めていきます。見積りや提案内容に納得した後、契約締結です。

サービス実施

契約締結後、いよいよサービス実施となります。おもてなしと思いやりの心を持ってきめ細やかなサービスを徹底し、顧客を笑顔にする高品質の給食の提供を行っていきます。

 

日本給食は、国産食材を使用した給食、最新設備の導入、徹底した人材教育など、高水準のサービスを提供できる基盤が確立された信頼できる給食委託会社であるということが分かりました。日本給食の給食委託サービスが気になったという方は、まずは「お問い合わせフォーム」より、サービスの詳細や気になる点について相談してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年、給食サービスが進化し、ヴィーガン・ベジタリアン向けのメニューが登場しています。植物性食品を重視し、バリエーション豊かな味わいが特徴です。本記事では、学校や企業、医療機関が導入しつつある

続きを読む

給食の方法にはさまざまな選択肢があり、それぞれに魅力があります。この記事では、現地調理とクックチル方式の比較を通じて、最適な食事提供方法を解説します。どちらがより適しているのか、導入すべきな

続きを読む

給食は施設運営において欠かせない要素です。本記事では、給食委託の仕組みやそのメリット、効率性と健康性を両立させるための重要なポイントを解説します。外部委託と直営の違いから給食サービスの選び方

続きを読む

給食における牛乳の提供は、子どもたちの成長に欠かせない栄養と、健康な食習慣を育むための重要な要素です。この記事では、牛乳が給食に取り入れられる理由やその歴史について解説します。栄養面や教育の

続きを読む

給食センターでは、栄養バランスを考えた献立作成から調理・配食まで行っています。調理師や栄養士が主役として、食材選定や料理の腕を活かす一方、パートやアルバイトが助け合いながら下準備や配膳に携わ

続きを読む

給食調理委員は、学校や施設において、栄養バランスや衛生面を考慮して給食を提供する重要な役割を担います。食材の選定や調理法の決定、栄養価の計算など、多岐にわたる業務が求められます。この記事では

続きを読む

社員食堂を導入することで、従業員の満足度向上や生産性の向上が期待できます。社員食堂を導入する際の契約方法は3つ。この記事では、3つの方法とそれぞれの違い、さらに必要な準備について解説します。

続きを読む

給食委託会社を変更する際には慎重な準備が必要です。本記事では、スムーズな切り替えのための注意点を解説します。古い契約の解除手続きや新しい会社の評価基準、生徒や保護者への説明方法など、成功する

続きを読む

2019年10月から消費税は10%に引き上げられました。引き上げと同時に「軽減税率」が導入されています。ところで軽減税率は特定の分野のみが対象です。それ以外は通常の消費税率になります。では給

続きを読む

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む