現地調理方式vsクックチル方式!給食委託で効果的な食事提供とは

公開日:2024/05/15   最終更新日:2024/01/30

効果的な食事提供

給食の方法にはさまざまな選択肢があり、それぞれに魅力があります。この記事では、現地調理とクックチル方式の比較を通じて、最適な食事提供方法を解説します。どちらがより適しているのか、導入すべきなのはどちらか、その選び方についてご紹介し、施設や給食のニーズに応じた解決策をみつけましょう。

現地調理方式の魅力

現地調理方式の最大の特徴は、新鮮で手作り感あふれる料理を提供できることです。食材の加工や調理が食堂内で行われるため、できたての美味しい料理が提供されることが期待できます。これは、食事が作り手の手から直接提供されるという、あたたかい食堂の雰囲気を生み出します。

食材が新鮮

食材の新鮮さも現地調理方式の利点のひとつです。毎日のように新鮮な食材が届き、その日のメニューに合わせて調理されるため、食材の鮮度や味わいにこだわった料理が楽しめます。これにより、栄養バランスが整った食事が提供され、提供される人たちの健康促進にも寄与します。

コミュニケーションが生まれやすい

現地調理方式は、食堂内での調理が行われるため、食事に携わるスタッフと食べる側のコミュニケーションが生まれやすい環境を提供します。

作り手と食べ手が直接顔を合わせ、食事を通じてコミュニケーションが生まれることで、職場内のつながりやコミュニティ感が高まります。これは、仕事の雰囲気やチームビルディングにもよい影響を与えるでしょう。

季節感を大切にした献立を提供

現地調理方式は季節感を大切にした献立の提供ができます。管理栄養士が考える献立は、旬の食材を活かしたり、季節感を演出する工夫が凝らされていたりします。これにより、従業員たちは季節を感じながら食事を楽しむことが可能です。

クックチル方式の魅力

クックチル方式では、加熱調理された食品を急速に冷却して保存し、食事提供の際に再度加熱して提供します。その魅力は多岐にわたります。

業務効率化

まず、業務効率化が挙げられます。従来の調理法では、朝早くから下ごしらえを始め、特定の時間帯に集中して調理を行う必要がありましたが、クックチル方式では事前に調理したものを再加熱するため、大幅な調理の時短と効率化が期待できます。

これにより、調理者への負担軽減と人員確保の課題が解消され、現場の忙しさの緩和が期待できるでしょう。

味と品質を維持

味と品質の維持がクックチル方式の大きな魅力です。レシピと調理がマニュアル化され、再加熱時も一定の温度で加熱されるため、料理人による味のバラつきが少なく、一貫して高品質な調理が可能です。

また、急速冷却により食品の味や栄養分を保つことができ、通常の冷凍庫と比較しても劣化が少ないため、食品の質を維持しつつ長期保存が可能です。

食品安全性の向上

食品安全性の向上もクックチル方式の利点です。加熱や冷却の時間・温度が厳密に管理されており、食品中の細菌や微生物の発生リスクの低減が可能です。

中心温度75℃で1分以上加熱し、冷却では中心温度3℃まで90分以内に急冷することで、食中毒の予防にも寄与します。これにより、安心かつ衛生的な食事提供が実現されます。

食事提供における最適解はどちら?

食事提供の方法を選ぶ際、施設やニーズに合わせた最適な方法をみつけることが重要です。現地調理方式とクックチル方式は、それぞれ独自の特徴をもち、選択肢のひとつとなります。

現地調理方式

現地調理方式は、従来の調理方法で、施設内で食材を調理し、直前に提供します。この方式の大きな魅力は、提供時にアツアツの料理を楽しむことができる点です。新鮮で多様なメニューを提供でき、リクエストにも柔軟に対応できます。しかしながら、人員の確保やスケジュール管理が課題となり、効率性には限界があります。

クックチル方式

クックチル方式は、事前に調理した料理を急速冷却保存し、再加熱して提供する方法です。この方式は大量調理に向いており、効率的な調理が可能です。保存期間も長いため、前もって調理しておけばピーク時の負担を軽減できます。しかし、柔軟性にやや制約があり、料理のバリエーションが一部制限されることもあります。

選ぶポイント

選ぶ際のポイントとして、まず施設の規模や特性の考慮が重要です。規模の大きな施設ではクックチル方式が、小規模な施設では現地調理方式が適している場合があります。

また、提供する食事の種類や特徴も考慮するべきでしょう。新鮮な味わいが求められる場合は現地調理方式が、効率的な提供が必要な場合はクックチル方式が向いています。

次に、衛生面や効率性、予算に関する要素も重要です。クックチル方式は衛生管理が比較的容易であり、大量生産に向いていますが、初期の設備投資が必要です。現地調理方式は投資が少なく、柔軟性がある反面、労力や時間がかかります。

最適解をみつけるには、施設の状況や要望、提供する食事内容を詳細に検討し、両者のメリットとデメリットの比較検討が欠かせません。食事提供のプロセス全体を通して、最適な選択をすることが、利用者や施設の運営にとって成功へのカギとなります。

まとめ

現地調理方式とクックチル方式は給食委託での食事提供において異なる魅力をもちます。現地調理は新鮮な食事提供が可能で柔軟性がありつつも、調理の手間や時間がかかり一定性に課題があるのがデメリットです。一方、クックチルは大量調理に適し、効率性や衛生面で強みがありつつも、柔軟性や味のバリエーションにやや制約があります。最適解は施設の規模や方針に依存し、選択時にはバランスを考え、質と安全性を保つことが重要です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

給食の方法にはさまざまな選択肢があり、それぞれに魅力があります。この記事では、現地調理とクックチル方式の比較を通じて、最適な食事提供方法を解説します。どちらがより適しているのか、導入すべきな

続きを読む

給食は施設運営において欠かせない要素です。本記事では、給食委託の仕組みやそのメリット、効率性と健康性を両立させるための重要なポイントを解説します。外部委託と直営の違いから給食サービスの選び方

続きを読む

給食における牛乳の提供は、子どもたちの成長に欠かせない栄養と、健康な食習慣を育むための重要な要素です。この記事では、牛乳が給食に取り入れられる理由やその歴史について解説します。栄養面や教育の

続きを読む

給食センターでは、栄養バランスを考えた献立作成から調理・配食まで行っています。調理師や栄養士が主役として、食材選定や料理の腕を活かす一方、パートやアルバイトが助け合いながら下準備や配膳に携わ

続きを読む

給食調理委員は、学校や施設において、栄養バランスや衛生面を考慮して給食を提供する重要な役割を担います。食材の選定や調理法の決定、栄養価の計算など、多岐にわたる業務が求められます。この記事では

続きを読む

社員食堂を導入することで、従業員の満足度向上や生産性の向上が期待できます。社員食堂を導入する際の契約方法は3つ。この記事では、3つの方法とそれぞれの違い、さらに必要な準備について解説します。

続きを読む

給食委託会社を変更する際には慎重な準備が必要です。本記事では、スムーズな切り替えのための注意点を解説します。古い契約の解除手続きや新しい会社の評価基準、生徒や保護者への説明方法など、成功する

続きを読む

2019年10月から消費税は10%に引き上げられました。引き上げと同時に「軽減税率」が導入されています。ところで軽減税率は特定の分野のみが対象です。それ以外は通常の消費税率になります。では給

続きを読む

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む

学校や老人ホーム、病院、企業の社員食堂など、団体生活の場で提供される給食は、栄養補給以外にもコミュニケーションの機会や、食事そのものを味わう楽しみがあります。しかし近年では、人手不足で給食を

続きを読む