オーガニック給食って何?導入のメリットは?

公開日:2023/01/15   最終更新日:2023/11/16


現代においてオーガニックとは身体によいものという認識があります。しかし、もっと詳しく教えてほしいといわれると途端に困ってしまいます。ましてや、オーガニック給食すら聞いたことがない人の割合の方が多いでしょう。今回はオーガニック給食の意味と導入するメリット、今後の日本においてのオーガニックの広がりを解説します。

オーガニック給食とは?

そもそもオーガニックとは「有機」という意味があり、農薬や化学肥料、遺伝子操作に頼ることなく農林水産業を加工することをさします。2000年に施行されたJAS法では、有機農産物と有機畜産物、有機加工食品を「オーガニック」として表示する場合には生産者と加工業者は、登録認証機関の検査と認証を受け、有機JASマークを付けるのが義務付けられています。

この法律が施行される以前オーガニックは自主的に名乗ることができたのです。このままでは市場が混乱してしまいるため、国際的にコーデックス規格が発行され、この規格に基づきJAS法が義務付けられた過去があります。現在のオーガニック食材は環境にも配慮した加工品となり、オーガニック給食として子どもの心身を支える上で欠かせない栄養食の1つになったのです。

学校給食は当たり前に存在していますが、学校給食法として法律できちんと制定されています。文部科学省が唱える学校給食法には、給食は学習の一環であり、食に対する知識、正しい食生活を身につけられるよう学校で食育を教えられるように取り組んでいるとされています。オーガニック給食とは旬な野菜や地産地消にこだわり、子どもに安心安全な食を提供できるように取り組むことなのです。

しかしオーガニックに対する捉え方は全員一致するとは限りません。完全無垢な食品だと思う方、無農薬栽培は危険なものだと捉える方、そもそもオーガニックの意味すら理解していない方が多いでしょう。ただ与えられた情報を鵜呑みにするのではなく、きちんと情報を整理する必要性も持ちえた方がいいです。

ただJAS認定された野菜とそうではない野菜では子どもたちに与える健康と安全性が違い、オーガニック認定を受けた給食が広がるようになると農家の収入が増えて事業も安定し、無農薬を使わない旗艦が長ければ長いほど環境もよくなるといわれています。

オーガニック給食を導入するメリット

オーガニック給食を導入することは1日に何千万食を提供する給食の見直しを図るという目的があります。そしてオーガニック給食を導入するメリットは地域経済の活性化、食育の環境を促進し、子どもの心身の成長を手助けし、環境保全にもつながることです。

オーガニックは無農薬栽培なので、虫もつきやすく、排除するにも農薬は使わないので手作業が多くなりコストも増えます。コストが増えると人の手も多く必要になり、さらには機械を導入しなければいけません。そのため地域の雇用が促進され、地域で食品を消化する地産地消が活性化して地域が盛り上がります。

ようするに、地域全体で1つの会社経営を行い、経済を循環させながら子どもの未来と人の雇用を支える関係を目指せることをさします。また有機栽培や有機農業に土は欠かせません。土の中に有機質の堆肥が増えれば美味しい野菜も作れ、地球環境的にも優しいとされています。もちろん虫が苦手な人も多いでしょうが、葉っぱに虫がつくのは当たり前の姿ですし、自然環境をなくして生きられない人の本来の姿でもあります。

オーガニック給食は日本でも広がりつつある

日本でもオーガニック給食は広がりを見せており、地域によって進み具合も異なります。地域別にまとめてみましょう。関東地方では千葉県いすみ市が小中学校すべてで100%有機米を使用しており、全国で初となる試みを成功させました。

東京都武蔵野市の小学校では安全給食という名前で有機栽培活動をしており有機米や無農薬米の導入、パンや麺、野菜の国産の使用をしています。四国地方の高知県四万十市では有機栽培の食材を取り入れており、小学校で米の100%有機米、野菜の30%が市内産の無農薬、減農薬農産物になっているとのことです。中部地方では愛知県今治市が遺伝子食品を使用しないという取り組みを掲げ、地元の食材を優先的に使用した地産地消が盛んです。

日本でもさまざまな場所でオーガニックが見直され、地域によっては学校と連携できる体制を整えている場所もあります。食の安全性の向上とオーガニック給食の可能性を感じますね。またJAS認定が施行されたのが2000年ですので、現在で20年ちょっととなります。まだまだ農家の方の手続きが進んでいない現状も踏まえるとオーガニックの広がりを感じ、栄養価など情報が不足している部分もデータが蓄積され、メリットの向上が期待できます。

まとめ

いかがでしたか?オーガニック給食の広がりは今後も拡大していくでしょう。しかし課題も多く存在します。食べ残しなどの食品ロス、給食費の値上がり、アレルギー対応食の実施など問題解決まで時間を有するものもあります。1人の意識を変え、国を動かし日本全国にオーガニック給食が導入できれば子どもの未来を明るくできます。

オーガニック給食を検討中の方へ

当サイトで紹介しているニッコクトラストのオーガニック給食なら、あらゆる世代のお客様に広いニーズで応え続けられるよう、多様なメニューを取り揃えることを意識しており、日本の給食会社ではいち早く中央省庁の職員食堂でベジタリアン・ヴィーガンの食事を提供する取り組みも実施しています。

常に、トレンドと顧客満足度を意識している理念や取り組みについて知りたい人は
当サイト内でも紹介しているので、ぜひ見てみてはいかがでしょうか。

ニッコクトラストについての詳細はこちら

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

給食センターでは、栄養バランスを考えた献立作成から調理・配食まで行っています。調理師や栄養士が主役として、食材選定や料理の腕を活かす一方、パートやアルバイトが助け合いながら下準備や配膳に携わ

続きを読む

給食調理委員は、学校や施設において、栄養バランスや衛生面を考慮して給食を提供する重要な役割を担います。食材の選定や調理法の決定、栄養価の計算など、多岐にわたる業務が求められます。この記事では

続きを読む

社員食堂を導入することで、従業員の満足度向上や生産性の向上が期待できます。社員食堂を導入する際の契約方法は3つ。この記事では、3つの方法とそれぞれの違い、さらに必要な準備について解説します。

続きを読む

給食委託会社を変更する際には慎重な準備が必要です。本記事では、スムーズな切り替えのための注意点を解説します。古い契約の解除手続きや新しい会社の評価基準、生徒や保護者への説明方法など、成功する

続きを読む

2019年10月から消費税は10%に引き上げられました。引き上げと同時に「軽減税率」が導入されています。ところで軽減税率は特定の分野のみが対象です。それ以外は通常の消費税率になります。では給

続きを読む

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む

学校や老人ホーム、病院、企業の社員食堂など、団体生活の場で提供される給食は、栄養補給以外にもコミュニケーションの機会や、食事そのものを味わう楽しみがあります。しかし近年では、人手不足で給食を

続きを読む

保育園・認定こども園・幼稚園を運営していると、悩みのタネになるのが給食です。どの業者に委託しようか悩んでいる経営者も少なくありません。そこでこの記事では、そもそも給食委託とはなにか、給食を業

続きを読む

幼稚園や保育園、ほかにも高齢者の介護施設や福祉施設などで利用される機会が多いのが委託給食です。委託給食と一言でいっても、種類は幾つもあります。そこでこの記事では、委託給食の種類ごとの特徴や給

続きを読む

社員食堂といえば、企業が社員達を対象とした食堂や設備のことを指し、自社運営で食事を賄っているイメージがあると思います。しかし現在、実際には多くの会社が社員食堂を外部委託しています。今回は社員

続きを読む