給食の現場は意外と大変!給食委託サービスが分析している現場の課題とは

公開日:2022/10/15  

給食の現場は意外と大変!

給食サービスの現場は過酷なものといわれています。人材不足しているのはもちろんですが、勤続年数が長い厨房の調理師やパートの力が強いなど、人間関係で問題が発生することも少なくありません。とくに直営だと、その管理にもかなりの労力を使うことになり大変さが増します。そこで今回は、現場の負担を軽くする方法を徹底解説します。

給食の現場は何が大変?

ここでは給食の現場で実際に大変な部分を解説します。

衛生管理基準

給食サービスでとにかく重視されるのが、衛生管理基準です。そもそも食品にはノロウイルスをはじめとしたさまざまな病原菌があり、それらに対応するためにも高度な衛生管理基準が設けられているのです。

とくに働き始めたばかりの人だと、あまりに複雑な衛生管理マニュアルのため、作業中に混乱し手が止まるようなことも珍しくありません。

人間関係

給食サービスの現場では、女性のパートが多く働いています。つまり女の世界であるため、さまざまな派閥が生まれギクシャクすることも珍しくありません。

そもそも毎週5日間仕事をともにするわけで、女性同士の集団になじめない人はかなり苦労するのも事実です。

なかには陰湿ないじめに発展するケースもあり、問題のある職場も少なくありません。前もってネットで口コミなどから職場の雰囲気を調べ、そのうえで職場を探す人もいるほどです。

暑くて寒い

冷暖房が完備している職場であればある程度対応できますが、給食の現場は過酷です。火を扱うのはもちろんであり、多くの人数分の食事を作るため労力もかかります。

夏場での冬場でも関係なく長袖であり、キャップを被ってマクスをするなど暑苦しい状態で調理をするのです。とくに夏場は熱中症にかかる可能性も高まるので注意しなければなりません。

現場の負担を軽くする方法とは

老人ホーム・病院・保育園などで実施される給食業務は、自施設で直営する方法と外部の給食会社へ委託する方法があります。直営だと設備が整っておらず、環境が悪いため人が集まらず、入社してもすぐに辞めてしまうケースも珍しくありません。

また、食中毒などの心配もあり、複雑な衛生管理基準を守るために四苦八苦するケースも多いのです。実際に多くの現場で給食業務の限界が来ており、外部へ委託するケースが増えています。

給食業務の70%近くが「委託」で運営されているといった調査もあるほどです。そこでここでは、現場の負担を軽くする方法として採用され始めている外部委託のメリットを徹底解説します。自分たちの施設の給食業務に課題を抱えている方は必見です。

人件費・食材費の削減が可能

給食サービスを維持・管理するためには、それなりのコストがかかります。人件費もかかれば、食材費もかかります。コスト的に大きな負担を感じている施設は多いでしょう。

その点、外部に委託すれば直接雇用するよりも人件費を大幅に削減できます。さら食材費も契約によっては大きく削減できる可能性もあります。仮に人を雇うとなると、ひとりひとりに福利厚生が必要です。

また、入退職の際には事務手続きも必要になるため、労務管理の手間もかかります。コストだけではなく業務的にも楽にしてくれるのが、給食サービスの外部委託です。

食事の味やクオリティの向上

給食サービスを外部委託すると、これまで以上にメニューの幅が広がるケースも出てきます。オリジナルの献立を提供できるケースもあり、施設としての大きなアピールポイントを得ることにもつながるでしょう。

多くの施設に対応している給食業者もあり、それらには専属の栄養士もついています。

スキルのある栄養士であれば栄養バランスを考えたうえで、味付けなども工夫します。つまり食事の満足度を上げることができるため、入居者や利用者の満足度の工場も期待できるのです。

人材の確保

直営だと調理師や栄養士の人材確保に頭を悩ませることになります。そもそも現状で、調理師と栄養士の人材確保はかなり難しい問題です。そもそも給食事業は人の入れ替わりが激しく、短期間で辞める人も少なくありません。

そうなると、また求人を出してすぐに補充しなければならず、求人を出すコストも馬鹿になりません。人を雇う場合、面接もしなければならず、大きな負担に感じる現場も多いでしょう。それらも委託すれば、煩わされることはなくなります。

補足!委託のデメリット

唯一のデメリットが、施設とスタッフの関係性が希薄になりやすいところです。あくまで派遣先で働いていることになるため、距離感を感じることも出てくるでしょう。

しかし、定期的に交流するなどして対応している現場も多く、それほど問題のあるデメリットではありません。

まとめ

給食の現場は過酷です。暑さや寒さと戦わなければならず、そのうえ衛生管理業務があまりに複雑で頭を悩ませているスタッフも少なくありません。

その結果、短期間で仕事を辞めてしまうケースも多いのです。それらの解決策としておすすめしたのが、給食委託サービス。専門業者に委託することで、人材の確保はより容易にできるようになります。

また、直接雇用ではないため、人件費を削ることができm食事の味やクオリティの向上も期待できるでしょう。給食業務で悩んでいる施設は、ぜひ委託を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年、給食サービスが進化し、ヴィーガン・ベジタリアン向けのメニューが登場しています。植物性食品を重視し、バリエーション豊かな味わいが特徴です。本記事では、学校や企業、医療機関が導入しつつある

続きを読む

給食の方法にはさまざまな選択肢があり、それぞれに魅力があります。この記事では、現地調理とクックチル方式の比較を通じて、最適な食事提供方法を解説します。どちらがより適しているのか、導入すべきな

続きを読む

給食は施設運営において欠かせない要素です。本記事では、給食委託の仕組みやそのメリット、効率性と健康性を両立させるための重要なポイントを解説します。外部委託と直営の違いから給食サービスの選び方

続きを読む

給食における牛乳の提供は、子どもたちの成長に欠かせない栄養と、健康な食習慣を育むための重要な要素です。この記事では、牛乳が給食に取り入れられる理由やその歴史について解説します。栄養面や教育の

続きを読む

給食センターでは、栄養バランスを考えた献立作成から調理・配食まで行っています。調理師や栄養士が主役として、食材選定や料理の腕を活かす一方、パートやアルバイトが助け合いながら下準備や配膳に携わ

続きを読む

給食調理委員は、学校や施設において、栄養バランスや衛生面を考慮して給食を提供する重要な役割を担います。食材の選定や調理法の決定、栄養価の計算など、多岐にわたる業務が求められます。この記事では

続きを読む

社員食堂を導入することで、従業員の満足度向上や生産性の向上が期待できます。社員食堂を導入する際の契約方法は3つ。この記事では、3つの方法とそれぞれの違い、さらに必要な準備について解説します。

続きを読む

給食委託会社を変更する際には慎重な準備が必要です。本記事では、スムーズな切り替えのための注意点を解説します。古い契約の解除手続きや新しい会社の評価基準、生徒や保護者への説明方法など、成功する

続きを読む

2019年10月から消費税は10%に引き上げられました。引き上げと同時に「軽減税率」が導入されています。ところで軽減税率は特定の分野のみが対象です。それ以外は通常の消費税率になります。では給

続きを読む

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む