給食委託サービスの導入にかかる費用はどれくらい?相場をチェック!

公開日:2023/09/15   最終更新日:2023/07/04


高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費用。実際の費用相場は、公式サイトには記載されていないことが多いです。そこで本記事では給食委託サービスの費用相場について解説します。

給食委託サービスの導入にかかる費用の目安

給食委託にかかる費用は、調理方法のタイプや食事内容、食数、食形態によって異なります。安さを売りにする業者もありますが、安い分、味や見た目がいまいち、量も少ない…となっては、利用者の満足度が下がってしまうでしょう。

また、コストを下げることで給食の品質が下がるだけでなく、衛生管理の質が落ちてしまうこともあるので、やみくもに安い業者を求めるのはよくありません。コスト・味・見た目・品質のバランスの取れた給食委託サービスを選ぶことが大切です。

費用の相場はどれくらい?

費用は、給食の食材費だけで1日600〜800円ほどが相場といわれています。1食200円ほどと考えると安く感じますが、これにプラスして業務委託費用がかかることも覚えておきましょう。委託費は別に請求されるケースと、1食分に含まれて請求されるケースがあり、業者によっても異なります。具体的な費用は業者に食事の種類や食数を伝え、見積もりを取って何社か比較するとよいでしょう。

業務委託費って何?

給食の食材費以外にかかる業務委託費は、施設に代わって給食を提供するために必要な経費のことです。給食を提供するためにはさまざまな費用が発生します。まずは給食を作るスタッフの人件費が必要です。また、スタッフを雇うことにより、法定福利費として社会保険や労働保険の負担分もかかります。

さらに、スタッフの通勤費や調理に必要なユニフォームやクリーニング費、衛生管理のための検便費用なども経費に含まれます。さらに、食材費や手袋・ごみ袋などといった消耗品費、スタッフの募集にかかる求人広告費、そして業者の利益となる管理費も必要です。

契約内容によっては異なる場合もありますが、これらの経費は一般的に契約者が負担することになります。自施設内の厨房で給食を調理する場合でも同様の費用がかかりますので、請求されることは避けられません。一般的に、30名分の利用で月に60万円~90万円程度の業務委託費がかかるとされています。調理数が増えるほど、人件費や材料費も上がり、さらなるコストがかかるでしょう。

給食委託会社への支払い方法の種類

こちらでは、給食委託会社への支払いの方法について詳しく解説しましょう。給食委託会社では主に委託費制(管理費制)と食単価制の2種類が採用されています。

委託費制(管理費制)とは?

委託費制(または管理費制)は、調理に必要な人件費、管理費、およびそのほかの経費相当額を一定の委託費として支払う方式です。食材費は食数に応じて変動しますが、委託費は毎月固定されているため、施設の経費を予測しやすいという特徴があります。

食単価制とは?

食単価制は、1食の食事代金から食材費や経費をまかなう方式です。社員食堂のように利用者数が多く、変動が少ない施設でよく採用されます。この方式では固定費が少なくなるため、施設の負担も軽減されますが、1食あたりの食事代金が高くなるため、利用者の負担が増えるというデメリットもあるのです。

給食委託にかかる費用の見直し方法

給食委託にかかる費用を抑えたいと考える施設は多いでしょう。食事の質を保ちながら費用を削減するためには、以下の見直し方法があります。ぜひ一度、給食委託の見直しを検討してみましょう。

業務範囲の見直し

一部の業務を自施設で行っている場合、委託先との業務が重複している可能性があります。契約書には明記されているが、実際には自施設で行っている業務があるかもしれません。委託する業務を見直し、自施設で行える部分は削減しましょう。委託する業務が少なくなれば、費用も削減されるはずです。

調理方法の見直し

給食の調理方法は複数あります。完全に調理が完了した状態で配送される完全委託給食、調理した料理を急速冷却し、冷蔵したもので再加熱するクックチル、冷凍タイプのクックフリーズ製法などです。

完全委託よりもクックチルや冷凍の調理方法の方がコストが安く済みます。栄養バランスを考えたメニューでありながら、栄養士の必要性が低く、自施設での簡単な調理が可能です。また、衛生面でも安全性が高いというメリットがあります。

業者の見直し

現在利用している給食委託業者の料金が相場より高い可能性があります。給食委託会社は増加傾向にありますので、長年同じ業者に委託している場合でも、ほかの業者から見積もりを取り、料金が安ければ乗り換えることを検討しましょう。費用を削減しながらも、味や品質に影響を及ぼさない優れた業者を見つけることができるかもしれません。

まとめ

給食委託サービスにおいて、スタッフの負担を軽減しつつも、費用を適切に抑えることが重要です。しかし、費用削減のためには味や品質、対応力、衛生管理といった面での犠牲を払うことは避けたいでしょう。また、アレルギー対応や特別食の提供など、施設に合わせた適切なサービスを提供してくれる業者の選択も重要です。自施設でどこまで給食業務を行うべきか、どの部分を委託すべきかを慎重に検討し、完全な委託にこだわらず、コストとサービスのバランスが取れた最適な利用方法を見つけましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

高齢者施設や病院、保育園などの施設では、給食委託サービスへのニーズが高まっています。業者に委託することで、施設内での調理の労力を軽減することができるからです。そこで気になるのが導入にかかる費

続きを読む

学校や老人ホーム、病院、企業の社員食堂など、団体生活の場で提供される給食は、栄養補給以外にもコミュニケーションの機会や、食事そのものを味わう楽しみがあります。しかし近年では、人手不足で給食を

続きを読む

保育園・認定こども園・幼稚園を運営していると、悩みのタネになるのが給食です。どの業者に委託しようか悩んでいる経営者も少なくありません。そこでこの記事では、そもそも給食委託とはなにか、給食を業

続きを読む

幼稚園や保育園、ほかにも高齢者の介護施設や福祉施設などで利用される機会が多いのが委託給食です。委託給食と一言でいっても、種類は幾つもあります。そこでこの記事では、委託給食の種類ごとの特徴や給

続きを読む

社員食堂といえば、企業が社員達を対象とした食堂や設備のことを指し、自社運営で食事を賄っているイメージがあると思います。しかし現在、実際には多くの会社が社員食堂を外部委託しています。今回は社員

続きを読む

給食業務の直営とは、スタッフを施設内で採用し、給食室などの調理スペースで給食の業務を提供することを指します。そして委託とは、自施設内ではなく、すべてまたは一部を専門の委託会社にまかせることを

続きを読む

懐かしさを感じる給食ですが、検食というものを実施して食の安全性、子どもたちの心身の健康を守っています。皆さんは「検食」をご存じでしょうか?検食は食品製造業に関わる施設では、必ず実施しなければ

続きを読む

食物アレルギーは家庭での食事はもちろん、保育園や学校給食などでもアレルギー対応が必要です。給食サービスではアレルギー対応の除去食や代替食を基本とし、子どもたちが安心しておいしく食べられるよう

続きを読む

現代においてオーガニックとは身体によいものという認識があります。しかし、もっと詳しく教えてほしいといわれると途端に困ってしまいます。ましてや、オーガニック給食すら聞いたことがない人の割合の方

続きを読む

各種ニュースで定期的に取り上げられているのが「食品ロス」です。社会問題化しており、問題の解決に多くの企業や個人が興味を持っていますが、なかなかうまくいっていないのが現実。そこで当記事では、食

続きを読む